9月 2006 のアーカイブ

バルセロナ対チェルシー チャンピオンズリーグのチケット事情

9月 28, 2006

なんだか昨日、プヨルがやらかしたらしいという話をアンフィールドで聞きました。再放送は今晩見ます。

リバポの試合が終わったあと、アンフィールドの場内アナウンスで各試合の中継を流してましたが、「ブレーメン1、バルセロナ0」と流れ時に「イエー」とか言った奴に軽く殺意を覚えた。逆にカンプノウで、「PSV1、リバプール0」とアナウンスが入って「イエー」とか聞くとそれにも軽く殺意を覚えるが。

ともあれ、チャンピョンズリーグの対チェルシー戦ですが。

筆者が現場で見ると、対チェルシー戦(リーグ、カップ、CL)は今のところ4勝2引き分けなんです。(ヴィラ、リバポ、バルサ)

反対にTVで見ると対チェルシー戦はボロ負けが多い。

カーサのチケット(10月31日の対チェルシー戦@カンプノウ)は既に購入したとエントリに書きましたが、フエラのチケットはどうだったかって?

むふふふ、さっきこんなメールがバルセロナから届きました。

Dear Member,

The club is pleased to inform you that your application for tickets for the UEFA Champions League Chelsea FC-FC Barcelona, game to be held on 18th October at the Stamford Bridge in London been successful, after the draw for tickets made today on 28 th September, at the club offices.

10月18日の対チェルシー(フエラ)、チケット確保ー!!

スタンフォードブリッジなので、これ↓で行って来ます。

imgp0522.JPG

エトー怪我だし、グジョンセンに気合を入れてもらわないといけません。

現場観戦での無敗記録更新を目指してがんばってもらいましょう。(とりあえず引き分け狙い=臆病物)

グループステージなので2位通過でも良いんですが。(チキンハート)

広告

CL リバプール対ガラタサライ 現地観戦記 (最後)

9月 27, 2006

先ほど帰還しました。高速、M6とM5のク○工事渋滞でエライ目に合いました。(復路) 往路は午後4時過ぎに事故起こしたバカがM6の上り&下りの両方大渋滞に陥れてました。午後4時過ぎにM6で自爆する○○はクルマに乗る資格なし。

さて、だめぽ=リバポですが、

リバポ★★★’★ 9月27日現在。

勝ったのにダメポ★付けるんですかって?悩んだ末に付けました。根本的な問題は一向に解決していません。 

寝る前に、今日2得点と大活躍の電柱を横にして置いておきます。(怪我、大丈夫で何よりでしたが。) 

2copyimgp1124.JPG

Kop、雰囲気はやっぱり 最高 ナイスでしたが、ちょっと大人しい&おのぼりさんが結構いっぱい。

 2copyimgp1050.JPG そのKOPから見た図はこんな感じ。

2copyimgp1088.JPG クラウチが「くの字」の図。

2copyimgp1092.JPG クラウチ、でかいなやっぱり。

久しぶりのKOPですが、久しぶりに「あーそうだったな」と実感したのはコレ↓

2copyimgp1164.JPG スタンドより、内側の雰囲気が違う。

どーゆーことかと言うと、巨大な1層式のスタンドなので1階部分の空間が巨大。これが結構良い感じです。Anfield. Rd側とかパドック、メインスタンドだとギュウギュウ詰めな感じなんですよ。Hattoさんとここで(一瞬)会ったのがもう1年以上前か。

CLなので結構一般のファンも入っていたものの、30年も見てんだろーなーここで、という年配のファンも多数。子連れも結構多数。こういう人たちは皆シーズンチケットホルダーでしょう。がきんちょは年端も行かないうちに親にKOPに連れられて行って、見事に赤く染まる訳です。(笑)

あまりに久しぶりで忘れてたのは、KOPは立ち席だと言うこと。おかげで腰痛持ちの筆者はちょっとツライ。

え?アンフィールドは全席指定のシートじゃなかったけか?と思うあなたは鋭い。しかしKOPの中段から上の人たちは「試合中立ちっぱなし」、「ハーフタイムに着席」なんですよこれが。 

左隣のおっちゃんは試合中解説しまくる濃い親父。その一方で右脇のカップルは多分、普段はスタジアム来ない人達。(それが今日はKOPか・・チャントなし、拍手なし、何もなしのいわゆるおのぼりさん。こういう層がKOPの雰囲気をちょっと微妙にさせます。)よって、スタンド全体も今日はそんなに大合唱という感じでもなかったですが、それでも周りのおっさん、じーさん達が自然発生的に唄い始めるのでやっぱりKOPといえばKOP。それと昔からのチャントが多いのもKOP。リズム、拍子、歌詞を知らない人はついてくのがちょっと大変そうでした。右脇のように90分間全くシカトはイカンだろうと思いますが。そんなわけで普段は聞かない(謡わない)Red and White Spion Kop とかPoor Scouser Tommyなどを久しぶりに聞いた。

Rush scored 1
rush scord 2
rush scored 3
and rush scored 4 ~~

名曲ですな。

さて試合。

だめぽスター★が付きましたよ。何がダメかってMFとDFのリンク、DFとGKのリンクが全く機能してないんだもん。上から見てたからよーく分かる。前半2点取った後だって、KOP側に向かってガラタサライに良い様にボールコントロールされてましたよ。ポゼッションも何もないって感じ。世間で言われるジェラ+アロンゾ2枚は守備に不安ってのを生で見てしまった感じ。1週間前のアロンゾは神だったのに、今日は綺麗に消えてましたからね。

ねーねー近いうち、まんう戦(しかもAWAY)なんだよ。こんなタコなディフェンスとMFで良いのかよ。思いっきり虐殺食らう予感。レイナなんてレーティング5点ですよ。本気で危なっかしい。キャッチに行くべきところをパンチで逃げていてKOPの皆さんも怒り心頭。

一方で、攻撃陣は調子良いみたい。初のカイト&クラウチのコンビでしたが全く問題なく回る。というかカイトが誰とでも組めると言うことが良く分かった。先制はクラウチ。

2copyimgp1098.JPG ガラタサライの皆さんの前で喜ぶ図。

幸先良いなーとか思ってたら、次はガルシア。

2copyimgp1103.JPG 通常はこの裏側のスタンドにおります。

あっさりと2-0ですよ。こりゃ今日は余裕で見られるなーなんて思ってたら、前半の途中から結構良い様に形作られてました。CDFの2人とレイナのコンビは明らかにチューニングがおかしい。個々のプレーもそうだけど、組織になると常に破綻の匂いがする。

攻撃陣、右ウイングのペナントは正直良くなかった。1対1で勝負掛けてるのは良いとして、クロスの精度はイマイチ、1対1の局面でボール失ったりと結構ミス多い。左隣のおっちゃんは「明らかに自信喪失」だな、と。確かにB’hamの時はもうちょっと伸び伸びやってた感じがした。

ああ、こんな事ならアウベス・・・言わぬが花か。

早くなんとかしてくれ>ファウラーの子分その2

後半

クラウチがKOPの目の前で炸裂しましたよ。なんかHINAKIさんとこで、クラウチのフォームがX-ウイングみたいと書いてあって笑った。確かにXウイングだなこりゃ。

 2copyimgp1110.JPG クラウチゴール直後

2copyimgp1115.JPG ガルシアと比べるとデカイな、やっぱり。

これで3-0だから今日は良い試合でした。日記終了・・・になるはずだったんですがね。

前半からタコだったMFとDFのリンクがさらに悪化。中盤はプレスの「ぷ」の字もありゃしない。あれよあれよという感じでボールまわされた上、(KOPから見ると)右後からからクロスを入れられ失点。やはり今のリバポの組織でクリーンシートは厳しいなと、改めて実感。お前ら全然修正されてないじゃないかよ。

そんな事を言ってたら、前半良かったガルシアが後半からお笑い化。ガルシアのボールコントロールが雑になり、ボールロストが非常に多くなるにつれて、KOPの皆さんも段々不機嫌に。またペナントのヨソヨソしさがさらに酷くなり、ペナントがチャンス時にゴールライン割ったりして、遂に周りから怒声が出始める。(ガルシアはまだ追加点決めてるから良しとしよう)

そして1失点目と全く同じ展開から、全く同じように(交代して入った)Karanに決められる。なんちゅーセットプレー&ハイボールへの対応なんだ。アホかお前ら。

RAFAは相当焦ったろうな。KOPも相当大変でしたが。2失点の後、ゴンザレス投入なんですが、この時の見解は、

オレ「ペナント外して、ジェラ右サイド、カイト下がり目」 間違い。「ペナント外して、ガルシア右。ゴンザレス左。」

おっさん「ガルシアと交代」

ところが、カイト交換かよ!これでガルシアが上がり目、セカンドトップに。

ガラタサライは2トップにしてウイングを上げ気味にしたせいもあり、唯でさえボールポゼッションで有利になってるので押せ押せですよ。リバポ選手のコミットメントレベルが前半と後半ではまた雲泥の差だったのは差し引いたとしても、後半の出来はお笑いレベルだ。

改めて、おーいモモ呼んでこいー!!と思ったら78分に本当にモモ投入ですよ、奥さん!!!

中盤の4人は(特に)恥じた方が良いぞ。なんで後半残りわずか、78分過ぎにモモ投入せなアカンのや。君たち中盤がスカスカでDFがザルだから仕方ないというRAFAの悲鳴だぞこりゃ。

おまけに普段は磐石でミスの少ないフィナンまだあたふたし始めるし。特にファウラーの子分その2との連携が悪化していきました。こんなフィナンも珍しいのだが。

最後の10分なんてドキドキもんでしたよ。ロスタイムに入ってからもヤバイ展開でしたし。

何がこんなに不満かと言うと、個々の選手の能力は極めて秀逸なのにも関わらず、組織として成熟していないという事。(アッガーは1月加入・ファビオは8月加入だが) レイナは1人お笑い街道を逆走始めたし。(バルサ時代を・・思い出さない方が身のためだ。)

また昨年までのDFとMFの組織化というものが非常に良かったため、今季の惨状と比較してしまうと非常にやりきれない思いになるのです。昨シーズンまで懸念はFWが点取れないことだったのですが・・次節のボルトン戦が非常に怖い。

あと2時間もしたら出撃してきます。天気があまりよくないので雨が降らないことを祈る。

CL リバプール対ガラタサライ 

9月 25, 2006

と言う訳でチケット届きました。

やっぱりKopに行くのは(特に今回は中段から上)楽しみですが、結構緊張しますね。あの辺は特殊な人たちが多いので。バシャバシャ写真撮れないかもしれませんよ。 

バルセロナ対バレンシア戦

9月 25, 2006

相変わらずカンプノウで(5年も)勝てないバルセロナでございます。1失点目、なんですかあれ。プヨルはあそこまで追いついていながら足が出なかったのかちょっと不思議です。

キャプテンをけなす訳ではないのだが、CDFにそこはかとない脆さを今シーズン感じる。テュラムはお休みだったしね。

FW陣

今日のエトーはちょっとアレでしたね。ボールロストが多すぎ&コントロールに難あり。

途中からロナウジーニョとエトーがポジション替えてエトーがウイングに入り、ロナウジーニョが真ん中に入りましたが、このパターンの時は大体ダメ。バレンシアの硬いDFこじ開けるためにロナウジーニョの個人技に期待したのかもしれませんが、このシフトの時は大体デッドロックになります。

メッシも中に切れ込んでくるのはともかく、玉離れが遅いので結構ボール失ってました。もうちょっとあと少しだけ早くボール裁けるともっと良いんでしょうけどね。

ともかく、エトーを左サイドで使ってるなら、交代の時になんでグジョンセンを真ん中で入れないのかなー、個人的に昨日の出来ならエトー⇒グジョンセンへ交代でも良かったんじゃないかと思ったりもした。

で交代にサビオラ?Forca ウナギというバナーがありましたけどね、スタジアムに。サビオラ自体、動きは悪くなかったけど、最後の10分に入れるあのタイミングはちょっと不思議。

もっともエジミウソンに代わって入ったイニエスタはすぐアクセントになって、同点弾叩き込んだのでこれは良い采配でした。

セビーリャがアトレティコに負けたので得失点差で首位ですが、何となくそこはかとない脆さというか詰めの甘さを今季感じております。

リバプール対トットナム ホットスパー戦

9月 24, 2006

ジーナスのドフリーを外すのはラッキーだとして、内容は非常によかったと思います。録画したのを見たんですが、途中までポゼッション68%とか出てましたよ。

ゴンザレスはスタメン。FWのスタメンはだんだん固定化されて来たのか。クラウチの立場は如何に。カイトがどんどん良くなってるので難しいところだな。

それとローテーションの波をかぶらないのはPEPE。まだちょっとおっかない感じがするが。

今回は、現地行ってません。水曜=ニューカッソー、土曜=スパーズ、来週水曜=ガラサCL、なんてスケジュールでマージーサイドまで行けませんがな。往復200マイルありますから、ガソリン代がー。ちなみにレギュラーで1L=200円前後しますんでこの国。

土曜はヴィラパークに試合を トラオレを 見に行ってました。スタジアム内のTVモニターで最後の20分見たんですが、ジョンのロングシュートが決まった時の周りの反応は

「ぬおっ!」

みたいな。当然皆さんニュートラルに見てますから、うぉーとかギャーとかではないですが、嘆息が漏れたのも事実。筆者も「いぇー」とか言えませんし、淡々と見てましたが、復帰早々目出度いもんだ。

 その前のカイトのゴールは凄かったけど、トラップとボールコントロール&フィニッシュまでの動きは見事の一言。ガルシアから背面パスをもらってあの状態でコントロールしてますからね、やはり上手い。マーティンヨルのおっさんが、カイトは世界でも殆どいない20-20MANだって言ってましたよ。20ゴール&20アシストできるストライカーって事なんだそうですが。本人も馬ほど決定力ないのは認めてますが、回りを生かせるFWはダメな時にゲームから消えないのでそれは喜ばしい。

 一方のベラミ。あともうちょっとだね。1点取れば少し自信が出るかもしれません。

しかし今日はキャラが後半途中から入ったり、Rafaは本気でローテーションの鬼になってきてるなー。来週水曜がCLだから仕方ないのかもしれんが。

気づけはまんうに3点差となりました。ちぇるしーは勝ったので5点差。あと少し頑張りましょう。

<画像館>リバプール対ニューカッスル ユナイテッド 現地観戦記

9月 21, 2006

サルネイムから大きい写真に飛べるようになったので、作ってみました。

 2copyimgp0935_thumb.jpg ウルトラはヤバイでしょうが。

2copyimgp0936_thumb.jpg 何時ものヤツね。これナイロン製なんですよ。潜ると分かります。

2copyimgp0942_thumb.jpg 漂う男の哀愁ってか。オレのが年上なんだけどさ。

2copyimgp0946_thumb.jpg

 FKは殆どファビオが蹴ります。

2copyimgp0960_thumb.jpg FKの図

2copyimgp0975_thumb.jpg カイトちゃんおめでとう。

2copyimgp0948_thumb.jpg そろそろ点とってくれ。

 2copyimgp0987_thumb.jpg 回るガルシア。

2copyimgp0988_thumb.jpg 回るガルシアその2。

2copyimgp0989_thumb.jpg 回るガルシアその3. シャッター連続で切ってたら本当に回ってくれました(笑)>ガルシア。

2copyimgp0991_thumb.jpg オレを置いていくなー

2copyimgp1006_thumb.jpg 何時かオレのコーラを飲ますぞ。>ジェラ

2copyimgp1015_thumb.jpg Wカップから調子が今ひとつだけど早く頼むよ。

2copyimgp1010_thumb.jpg 壁でございます。

2copyimgp1021_thumb.jpg アロンゾ、きましたー!!Yo。

2copyimgp1024_thumb.jpg PEPEもきたー!!

2copyimgp1029_thumb.jpg みんなきたー!!

2copyimgp1030_thumb.jpg 連続コマ割り1

2copyimgp1031_thumb.jpg コマ割2。フィナンが近づいてくるー

2copyimgp1033_thumb.jpg フィナン、あと少し~

2copyimgp1035_thumb.jpg 良くやったぞ、Byフィナン。

2copyimgp1036_thumb.jpg The Alonso Show でした。

あー疲れた。

毎回は出来ませんぜ、こんな写真編集。(爆)

リバプール対ニューカッスル ユナイテッド 現地観戦記 (続き1)

9月 20, 2006

Hattoさんのご協力もありましたが、このブログではLightBoxが使えないという事が判明したので、苦肉の策をば。

The Alonso showの後の1コマ。こちら(筆者側)からKopに向かって打ったんですが、多分2秒くらいあって、時間が止まったような感覚。

copyimgp1027.JPGクリックで拡大するはずです。(笑)見たら分かりますけど、ジェラは右サイド駆け上がってたんですね、これが。しかしセンターサークルの手前こっち側から打ちましたからね。

いやしかし、TVで再放送見たけどこりゃスゲーや。ハム戦のアッガーもそうでしたけど、筆者アンフィールドに行くとロングシュートが結構決まるのを見てる気がする。ガルシアのもあった記憶が。

copyimgp0989.JPGあ、ガルシアと言えばこれ。ダフと絡まるルイガルの図。

さてと観戦記ですが、前半20分までと20分過ぎからの出来が全然違う。何が違うかって全てのパスがアロンゾを経由して恐ろしい速さで回りだしたってことです。Optaかなんかのデーターが出りゃ良いんですが、真ん中で全てのパスの基点になってましたよ。アロンゾのアンカーって守備の面で不安だったので、アロンゾ前気味、モモ後ろでカバーって感じか、ほぼ並列で組んでたんですが、パスが回ってる時はモモがやや高めの位置でプレスかけて、アロンゾが底でパス回すんですな。

これが目の前30ヤード程度の距離で発生してたので、見てる方もカタルシスに酔えましたよ。今日はPepの幻影をアンフィールドに見た。本当にグアルディオラ~と思いました。今のリバポでここまでパスが裁けるのはやっぱりアロンゾだな、と。しかしアロンゾがパス回すにはタメが必要だし、タメを作るにはモモが居た方が良いみたいですよ。ジェラを左右に使うのに賛否両論ありますが、ジェラ以外はサイド出来ないし。前のチェルシー戦までは消えてしまっていたので、これを境に完全復帰して頂きたい。それと4-1-3-2で組んでくれ。>ラファ

カイトのデビューゴール前5分間は凄かったんですが、最後のアロンゾのスルーがまたすげえです、はい。

copyimgp0975.JPG カイトの先制。ガルシアはアロンゾを誉めにやってきたようで(w

キョーレツでしたよ、あのスルーは。あのスペースにドンピシャで入れてそれをフィナンが折り返して、最後はカイトが押し込みましたからねー。この1点目は目の前だったので、ラッキーですがな。 

今日はベラミもガルシアもよかったです。ベラミはやっぱり速いし(ただし後半、ドフリー外したり焦り気味か)カイトとのコンビは良いですね。カイトも2本フリーを外したので、もうちょっとすると精度が上がってくるでしょう。

ガルシアはバックフリップが変な方向に行かない時は調子が良い時です。(w)今日みたいな動きだと何でも出来るって感じですな。1回ポストにぶち当てたシュートは本当に惜しかったです。

ファビオ、今日はオーバーラップよかったです。フィナンは相変わらず常に安定。

お笑いGKとお笑いDF。もうちょっと組織というかコミュニケーションの熟成が必要だ。ペペも所々不安を感じさせる。

ジェラ。ガルシアと組んだ時の利点は(ガルシアが良い時)は左右両サイド変えて動けるってところですね。

copyimgp0999.JPG CK蹴りますからーの図。やはりオレ様のコーラは要らないらしい・・w (注:去年のアンダーレック戦の観戦記読んだ人は覚えているでしょう)

ゴンザレスがもうちょっと見たい気がしますが、Rafaはまだあんまり積極的に使うつもりじゃないらしいです。

ニューカッソーファン

君たちは偉い。90分間切れることなく良く応援してました。まーリバポファソのしょぼいことしょぼいこと。Kopなんか何やってんですかねーって感じ。バーコーズの皆様に

[you are fans are folking shits, your fans are, your fans are , your fans are folking shits!!]

と謡われても文句言いようがありませんよ。本当にour fans are folking shits. Awayファンは濃い人が多いのが常とはいえ、シェフィールドのAway戦も酷かったからね>リバポファソ。

あんまり静かに観戦してるとアンフィールドもまんう化するらしい。(注:ファーガーソンは何時も何時もOTのファソが静か過ぎてご不満なようです。もっともAwayでアンフィールドに来るような筋金入りのまんうファソは中々なもんですよ。)

ジョーディの連中は本当に本当にNCLoveな人々だということが良く分かりますな。これはこれで賞賛せざるを得ません。

もっともベラミにはすんげーBooでしたから、アロンゾが決めた後は

[Where the folking Shearer is! Where the folking, where the folking, where the folking Shearer is!, where the folking Shearer!]

とやっとリバポもやり返してましたが。(爆) で、現場に シアラー居たんですか?(TVによると)

次はスパーズという、これも難敵ですが、何とか調子を上向きにしてもらいたいもんです。

他チームの皆さんがカーリングカップ とゆー無駄な消耗戦  をやってる週の真ん中にリーグ戦をやるドアホなチームが2つ。いや、上の方たちなんですがね。本来ならこれはプラチナ試合なんですよ。マイコーが出れば。しかしながら例の如くパンク中なので、それ程でもないです。

筆者としても愛憎入り混じっているので、あんまり書きたくないんですが、ウリエ大先生時代のあまりの無策&オーウェン依存主義に辟易としていたリバポファソにはラファの就任は喜ばしかったはずです。が、そのマイコー絶対主義をやめた途端、今度は全く点の入らないチームになってしまいました。9月19日現在。

地元でもマイコーに対しては五分五分な反応ですが、筆者は「ある条件が発動されたら」マイコーの帰還は大歓迎なんです。可能性は極めて薄いですけど。年齢、怪我、値段、など考えるとアンフィールド帰還(リバポ選手として)はほぼあり得ないでしょう。返す返すあと1年移籍が遅けりゃ(Rafaが1年早くくれば、スーネス解任が早ければ)なぁと、この組み合わせがくると思います。

やっぱりね、あの地元育ちの10番に憧れましたよ。

と言う訳で、君たち今晩は点取ってね。

後暫くしたら出撃。