ブラジル対アルゼンチン 現地観戦記

別名を現地感染記とも言います。 セレソン病再感染という事なんですが。 自分の生涯で、何度ブラジル対アルゼンチン戦を生で見れるか分かりませんが、今回も間違いなく貴重な体験となりました。

1914年以来、ブラジルとアルゼンチンは90戦して34勝34敗22引き分け、ブラジル140ゴール、アルゼンチン148ゴールというほとんどイーブン。今日は91戦目、まずこの機会がUKであった事に感謝。 フレンドリーマッチは基本グダグダのだ○ぽ試合になることが多いですが、今日は両チーム85~90%ガチ。

天才2人↓(19番と11番)この2人のBox前でのパス交換って見ごたえ満点。

90%ガチの図↓

Kaka Goal直後。 生ゴールは凄かったですよ。

疲れて帰ってきましたので、続きは明日以降ってことで。

おまけ。 リケルメ大先生、フリーキックの図。

広告
Explore posts in the same categories: その他

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。