3月 2007 のアーカイブ

いすらえる対いんぐらんど

3月 24, 2007

本当はヴィラブログで書かないといけないんですが。楽天サーバーメンテだそうなのでこっちで。

ねずみ2号先発だそーです。RBで。キャラガーLB。あれ?イングランドには左利きが居ない少ないって誰か言ってませんでしたっけ?

おっけー、オッケー、かもんイスラエル。(バリーが出るまで)

クラブチームだと

クラブ>>>>(永遠に超えられない壁)>>>>>選手

なのに、イングランド見てると

選手>>>>>>>>>>>イングランド(自分の国じゃないし)

な関係。

じゃあバリーが敵属性なチームに移籍したら?多分イングランドはニュートラル+多少義理で応援する、かな。結局0-0で退屈な試合になる予感。その前のU21は面白かったですよ。

いずれにしてもマクラーレンは正念場だ。

うひょ、ジェラードからランパーへのスルーパス(結構いい感じ)が出ました。んで直後にはランパーからジェラへの長いパス。でも長すぎでGKキャッチ。言いたくないけど、キャラLBでライン上げないんで、ランパーが相当下がり気味になって前線に玉フィードしてます。言いたくないけど、バリーLBならもっとランパーを有効に使えると思う。

おお、イスラエル。ナイスヘッド。イングランドは左サイド破られてますが、それよりもCB2枚は何やってんだよ(笑)

でも、こないだのスペイン戦よりは遥かに機能してます。レノンが左サイド駆け上がってクロス、こぼれたのをジェラがハーフボレー気味のロングショットとか。イスラエルはもう少しガリガリ来るかと思ったけど、レノンを体で止めに行きませんね。

珍しくキャラが上がってきた(笑)いい突込みだ。コーナー獲得して、ランパーから・・またキャラヘッド。でもGK真正面。今の展開だとイングランドが点を取るのはそう難しくない感じ。「る」、よりもジョンソンの方が匂うぜ点。

しかしレノン良いねぇ。コマネズミみたいに速くて攻守に貢献。イスラエルは本気で何とかしないとレノン止められないぞ。

前半終了。0-0

一番良かったプレーはBoxでポストで玉裁いたジョンソン⇒ジェラ⇒ジェラからランパーへのスルーパスだったかな。GKと1対1だったけどGKが良く(ランパーとの)距離を殺してた。

後半開始。

「る」が主審に文句言ってます、相変わらず。今のところ、イングランドの組織はスムーズに回ってるのですが、イスラエルが中盤5枚にしたのにも関わらず、ラインを引き気味でガリガリ来ない&カウンター狙いっぽい感じなので、中盤の底では玉が良く回ってます・・・ってバルセロナみたいじゃねーか。(笑)キャラクターが違うよ。

を、「る」がまたイスラエルの3番ともめてます。でイエローカード。(爆) 学習しねーなー全く。その前の複線は、ジェラードが右サイドからクロス⇒ランパのボレーシュート、こぼれたボールをGKと「る」とイスラエルの選手がもつれ合う、と。挑発してきたのはイスラエル側のようだが、「る」を挑発するってのは対戦相手にとってはお約束なので、記憶のメモリ容量増やした方が良いよ、君は。

しかしクロスがボンボン入ってくるので電柱を1本立てておくと、イングランドはもうちょっと面白い展開になると思うのだが、電柱は鼻怪我したし(笑)。ここはいっそのこと、へスキー復帰という事で。

キャラガーのぼいーんとしてヘッドはバーの上。試合自体は前半と変わらずアップテンポです。イスラエルは体ガリガリ当ててこないと書きましたが、その代わり、要所要所でオブストラクションは仕掛けてきます。これだと1発退場になるような事はなさそう。レノンもジョンソンもこれでチャンス潰されました。

・・・・ほほう、ねずみ2号交代でリチャーズInか。最初からキャラガーRB,バリーLBで行っとけば良いのによぉ、ええ○○マクラーレン。

で、その○○マクラーレンですが、82分にレノンに代えてダウニングだそーです。○○○老

で0-0でした。オレの予想通り。

ただし、試合は何だかもう練習試合って感じで。イスラエルは勝つ気なさそうだし、ホームで引きこもるのは計画通りか。イングランドの組織が機能していた、と書いたけど、確かにボールが動いて、放り込みあり、スルーパスあり、惜しいチャンスあり、だけどなんつーか泥臭さは全く感じられなかった。何だか淡々とやってる感じで。これが練習試合と書いた所以かもしれない。

引きこもる強豪(イタリア)とかガリガリ前に出てくる強敵だと、やっぱりチームとしてはどっちつかずになる予感。守備が大きく崩壊するという意味ではなく、イマジネーションとクリエィティビリティの点なんだけど、これらが今のイングランドから大きく欠落しているのは否めないだろうな。「る」は今回メンバーに居たぜ。さあて、BBCの連中は何て言うかな?(笑)今回の放映はSkyだったけど。

・・・・で、ジェイミー(れどなっぷ)は「マイコー」が居ればなぁって。(笑)まいこーがぴゅって感じで点取ってくれるのにーって、おい結局まいこー頼みか?

マクラーレン、インタビューでdisappointed, frustrated and we dominated the game bra bra braっなんて言ってるけど、Midlandsの人たちは、君がそのjobポジションに居ることが一番disappointed & frustratedなんですが、何か?

広告

エル グラン クラシコ@Camp Nou

3月 10, 2007

マルケス(とウラゲ)に試合ぶっ壊されるところを、最後の最後にメッシのハットトリックでぎりぎり引き分けです。最初にエントリした内容がエラーになって、再度書くのが面倒臭いです。メインPCが死亡して、現在サブのPCでの作業なのでどうしようもないんですが。

しかし、最後の最後のRonへのタックルはPK臭いなぁ・・・

そして、久しぶりにCampNouでみた白ハンカチ。正直、クビが繋がったのはライカーかもしれないよ。

こんな内容のチームがCLとか言ってちゃいけません。敗退も当然の出来。今更ながら、昨夏モッタ+現金でヴィエラという話もあったなぁ、と感慨深いものが。その位中盤の底とDFが全然ダメ。もっとも前半終了に10人になったのに、後半RSBなしで行ったライカーもアホだと思いますが。右サイドバックすかすかで何度も危ないシーンを見ました。

メッシですが、マドリー相手にハットトリックを決めた選手は本当に何時以来だろう。今、メッシのBuy Out Clauseが101mポンド(≒225億円)だそうなので、ロンドンのチームなら買えるな。(w) 19歳でカタルーニャの歴史に残ることは確定しましたが。ハットトリックで勝ってれば最高でしたが、如何せん、ウラゲ、マルケス、プジョルがあれじゃあなぁ。テュラムは最初の失点のミス以降は良いタックルが多かったですが。

ウラゲ、2枚目のイエローで前半終了直前に退場。下手くそなタックルですねー。既にPK献上のイエローもらってんだから、少しは頭使えよ。その前に先週のセビージャ戦で全くもって不必要な赤紙をもらった(=よってクラシコ不出場)ザンブロッタがアホなのだが。 

荒れてきました。(爆) メッシの再びの同点弾

しかしですね、↓でマルケス何処行ったんだって書いたとおり、TVの解説にも何でマルケスがこんなにライン上げてんだよ、自分のやる仕事はアンカーだろって突っ込まれてました。 まだまだ荒れそうな予感(悪寒)

 いやーDAMEなディフェンスだこと。その2(笑)

開始12分で1-2だよ。メッシの同点弾の直後にウラゲがやらかしました。PKです。いやー中盤とDFがスッカスカです。マルケスと両サイドバックは何処行ったんだ。

いやーDAMEなディフェンスだこと。(笑)

テュラム何やってんだよ。3-4-3って大丈夫なのかよ。 

さて始まりました。

スタジオ解説はトシャックとレイウィルキンス。トシャックの解説が生々しくて(如何にマドリー内部の政治と監督へのプレッシャーが厳しいか)、見ていて非常に面白い。バルサも内情は同じですけどね。

トシャックは「人間は動物の中で同じ間違いを犯す=2回同じ間違いを犯す」唯一の生き物だが、オレもマドリーの監督を2回やったから(笑)。

マークボルトンが3回目はどうすか?と聞いたら、笑いながら冗談じゃありませんよって。

リバポ対バルセロナ@アンフィールド

3月 6, 2007

今FCBの公式見てみたら、トップにこんなのありましたよ。↓

何時の時代のジェラードだっつーの。しかも17番なのにキャプテンマーク付けてるし(笑) 

今日はITV3でライブですので、アンディ・グレイ嫌いな人にも良いんじゃないでしょうか。(笑) 

うを、バルセロナ3rdの黄色着てますよ。バルサ逆転勝ち抜けの予感・・・

 前半終了

リバポが完璧に戦略どおりにピタピタと駒を進める感じ。リバポシュート10本に対して、バルセロナは1本。しかしリバポのシュートは、ジョン、ベラミ、モモとほぼ決定的なのばっかり。バルデスが今日は確変日らしい。

バルサは右サイドも左サイドも全く機能せず。右は3バックにした関係でウラゲがオーバーラップしてメッシとリンケージするでもなく、メッシは1人だけで孤立。そこをアルベロアとジョンが速攻でカバーすると言う感じ。最初はロナウジニーニョ真ん中(そもそもこのオプション選択した自体でもうOUTっぽいが)、エトオ左。エトオはウイングでは全く何も出来ないので途中からRonとポジションスイッチしてましたが、その後のほうが機能するようになった。

雨降ってピッチがグチャグチャなんでFCBはスリップ者続出。凸、チャビ、イニは玉持ちすぎ。リバポのガードが固いので、もう少しワンタッチで即はたくか、ダイレクトプレーの成功がないと牡蠣の貝殻にこもったリバポを引っ張り出すのは難しい。

でも、両チームともポカやりますんで、それも非常に肝心なところで。対まんう戦@ホームとか、対セビージャ戦とか、対チェルシー@ホームとか。

TV放映は音声絞ってるので、スタンドの雰囲気はあんまり伝わってきません。残念だな。これだと各国の放映でも(日本も)多分静かなTVモニターじゃないかと思いますが。

キャラガーは大当たり中。

後半。

試合のテンポとリズムはあまり変わらず。TV解説にも↑と全く同じこと言われてましたよ、FCB.中盤でボール持ちすぎても次のプレーに時間がかかりすぎるのでパスコース読まれるし、ボール持っている人にもプレッシャー掛かるし。非常に組織としてのリンクが悪い。リバポは逆に余裕でカウンター狙ったりと、ポゼッションが高くても実質ゲームを支配してるのはリバポ。

で、ライカーはエトオに変えてジュリ投入。これも意外な。Ron真ん中はダメだっつってのにーと言ってたら、いきなりBox前でFCBのパスゲームが復活してロナウジーニョがパス交換してBox内抜け出してシュート。1on1の局面作ってシュート!が、ポスト。

あの局面を作って決めるのがセレソンの10番の仕事なのだが。

そして、試合も終盤、テュラム(!)に変えてアイダー投入。テュラムOUTかよ。これで3-4-4にしました、ライカー。

アイダー入ったんで、即歓迎のチャントが流れますな、Kop。(笑)

ところが、チャビが素晴らしいスルーパスをリバポDFの裏側に出してそれを受けたアイダーが余裕で、「あっさり」ゴール、で0-1.

残り15分で俄然試合に緊張感が。

リバポはベラミOUTで、ペナントIN。ペナントも良いチャンスとシュート打ってましたが、ベラミのほうがペースがあるので効果的だな、今のところ。

最後はラインを上げて攻めるFCBとカウンター狙うリバポの状態になりましたが、ロスタイム3分を凌ぎきったリバポが勝ち抜け。

結果として、やはりというか1stレグの結果が全てだったというところでしょう。2ndレグ、しっかりリバポは負けてるんですが(0-1)、土曜日に続き2連敗なんですが、まぁ今日はこんな感じで良しと言うところか。

ジェラードは凸とユニ交換してましたが、試合後にFCB対ちぇるしーほどピリピリ感はなく。

で、チェルシーは前半リードされてたようですが、後半ポルトのへなちょこGKのお陰もあり、結果として勝ち抜けのようです。いまモウのインタビューをライブやってますが、見た事ないくらい

「モウが疲弊し切っている」

のが印象的でした。

うを、インテル負け抜けじゃん!

リヨンもOUTか。

意外にローマ対バレンシアの決勝になったりして。

セビージャ対バルセロナ@ラモン・サンチェス・ピスファン

3月 3, 2007

さて、試合始まりました。

この試合の前の時間帯はバレンシア対セルタで、モリオのゴール67minでバレンシア勝ちました。モリヲ、リーガ9点目か。赤いシャツでもっと点とりなさい。カニサレスが神がかってました。

さて、ラモン・サンチェス・ピスファンですが、満席御礼。(当然)

リバポ対まんう戦@アンフィールド

3月 3, 2007

試合終了

痺れたよ、レイナ。やいヤンキーオーナー、金使うなら来年の夏ブフォン連れて来てくれ。orz 

 いやーな予感的中。なんであの時間帯にあの場所でFK与えるんでしょうか?>フィナン

この対戦でこーゆー結末を1000回見た気がする。ねずみ1号が試合終了後ジャンプしたりRioが喜んだりとか。フォーチュン(既にクビ)に決められたりとか。

デジャビュ。

最後に一言。

お前らまとめて氏ね

ホームで10人の相手に引き分けにすら出来ないのかよ。よってDAMEPO大スター献上致します。

以上。

前半終了。痺れるぜ。 

そりゃー大き(略)なまんうですけど、この試合は痺れる。ビリビリ来ますよ。

何時ものパターン。

ホームなので前半リバポが前のめりになると、中盤で球とられて、まんうにカウンター食らう。この手の定石が何回か見られましたが、最終ラインが破綻してないので、決定的な危機はなく。

ただ、中盤でボール持ってる時に、時間掛けすぎてプレッシャー受けすぎ&玉ロスしすぎ。

ベラミは右サイドに移ってから非常に良い。1回決定的なクロスがあったのに、カイトが間に合わず。

ジョン。うわーそれ決めてくれたら今日のヒーロー確定だったのに

ジョン、ピッチのど真ん中でCロナウドに玉取られて長い距離フリーにさすなー!

ジョン、クリアのボールを受ける位置がちがーう!集中しろーとキャラガー怒ってましたな。

以下続く。

今日のスタジオ解説はデビット・プラットとジェイミー(レドナップ)

Paisley3 Ferguson1

のバナーですな、今日のKOP。サイズがちょっと小さいけど。

・・・・ちょっと待て、なんでラーションがそのユニ着て先発でアンフィールドに来る?orz

リバポ対まんう戦@アンフィールド (前夜)

3月 2, 2007

明日の昼過ぎにKOです。

2つしか言いません。

「勝て」

「負けたらヌッ頃す」

以上。

04-05のCL決勝と同じね。負けたけど選手は良くやった、なんてのは絶対に許しません。新でも勝て。OGでもPKでも良いから勝て。

夜はFCBとセビージャの首位攻防戦です。これも重い試合だ。

Red Alert

3月 1, 2007

いや、タイトルはどうでも良いんですけどね。

週末はリバポ対まんう戦なので、SkyもTVCMで煽る煽る。この両チームの対戦前は本当に独特な雰囲気になっていきますので、メディアも(煽るのが)楽しくって仕方ないって感じで。

SKYのCMのタイトルが”Red Alert”。

これは事実上のナショナルダービーなので、どの会社も職場は大変かも。どっちのチームも嫌いって人はこの週はこの対戦ネタばっかりなんで新聞・ニュースが辛いですわ(笑)

 筆者も年1試合だけ(リーグ戦)しか現地で見ちゃだめと言われたら、エル・グラン・クラシコよりも対まんう戦のアンフィールドに行く予感。(こっちのが近いから、という理由もアリ)その位特別な対戦カードです。