11月 2007 のアーカイブ

CL リバポ対ポルト戦 (続き)

11月 29, 2007

先ほど、帰宅しました。続きは明日以降と言う事で。↓はジェラードの3点目(PK)。今回はKopで見てましたのでこんな感じでした。   

今日の試合を見て思ったのはスコアライン以上に実際は苦戦したということ。

追加点取るまでリバポの中盤は芯でました。特にジェラード。

お洒落なプレーをしようとしてパスミスしたり、ボールロストしたりと空回るのに業を煮やした筆者と1席挟んだ右となりの親父がついにキレて、叫ぶ。

「っxーこのxxxxxx、だからイングランドは珍グランドでユーロ予選落ちすんだよ」

(周りの感想「ごもっともで」)

「これはfucking 珍グランドじゃなくて、リバプールの試合だ、何とかしやがれこの野郎」

(周りの感想「全くで」)

 

でもね、実際にはポルトの中盤は非常に良かったし、彼我の差は紙一重だと思うんですよ。カレスマのドリブルはスピードもそうだけど、むしろ細かいタッチて切り裂いて行く感じで、ホアキンを彷彿させるかな。

という訳で、

つカレスマ

よろしく>Rafa

 

リバポはマスチェラーノに何度も危ないところを救われました。

でも、DFラインの真ん中(キャラとサミ)も中盤との連携が悪くスペース作っちゃうからそこを上手くポルトに利用されたりして。

 

1点取ってからは何だかトーレスも消え気味になって、逆に目の前でSBのちょんぼからクロスを上げられて、簡単に失点。

Kopは一瞬でお通夜になりましたけど、こういう時のシーンってどうしてスローモーションみたいに感じるんですかね?

巻き戻しボタンを押すとやり直せるんじゃないかと思う位。(無理だって)

その位目の前の失点ってのは現実感がない訳ですよ。

 

それでも、残り30分切ってからここはKopだし、今日の雰囲気では土壇場でやってくれそうな感じがしてました。

(やらかしそう、な雰囲気ではなくて)

オリンピアコス戦の再現になったら筆者の前の方はピッチに飛び込むかなとか考えながら。

 

やっぱり気力というか諦めない意志が大事ですね。

 

選手個別に見ると

 

駄目:ボロニン

 

微妙:キャラガー、サミ

 

OK : ヨッシー、ジェラ、アルベロ、フィナン、ペペ

 

Good : バベル、トーレス、マスチェラーノ

 

でも、Skyのレーティング見ると、ヲイヲイって感じ。ジェラードは76分までは駄目でしたよ。

ボロ人が全然駄目なのは同意。個人的にはアルベロアはそんなに悪くないように思うんですけど。結構安定してきてるというか。

 

ただ、ラファが何考えてるのか勘ぐるのは、13m£も払ったFWより無料のFWを何時も先発の真ん中で使う事ですか。

そりゃバベルはウイングも出来るし若いし、速いし、色々経験積ませようってのかもしれないけど。

リバポ対なんじゃこりゃあ(注8−0の試合)を現場で見てた限りでは、ウイングからCFWになった瞬間にもうオーラ出まくりでしたから。絶対こりゃ決めるぞと思ったら爆発。いや分かり易い変身っぷりです>バベル 

 

でも、サイドでもだんだん良くなってきてます。動き速いのでボール受けてからDFの裏取れるし、ボールを1stタッチでちゃんとコントロールできるし。

遠目で見てると、黒人選手がイーブンボールに寄ってきて、ボールコントロールしようとしてるとハラハラすんですよ(>モモ効果)

 

それでもバベルは生粋のウイングじゃないし、ヨッシーも同様。カレスマを見るとやっぱり天然ウイングが欲しいよなあと思いますね。リバポはどうしていつもこうウイング不足なのか。

 

 

話脱線しますが、グレイのおっさんのコメントを読むと、リバポのFWで速いのはトーレスで、カイトやボロニンやクラウチではスピードでDFに脅威を与えられない。でもトーレスが復帰してコンビ組ますと途端にリバポのFW陣は攻撃力が上がるって言ってました。

現場で見てると確かにトーレスは速い。ただし、エトオやアグボナラホーみたいに、無茶苦茶に脚が速い&1対1でスペースがあったら絶対にスピードで抜けるって感じよりも、テクニック(ボールの切り返し)のスピードが速くて、その後のドリブル動きも敏捷、という感じです。

細かい動きが連続して速い、って感じなんですが、文章で伝わるか微妙だ。脚が速いというより、敏捷ってのが適切ですかね。

 

下でQLと比べますが。

 

QLはだんだん良くなってきてます。全盛期に比べて絶望的にスピードが落ちたけど(リーズ時代のカミソリのようなキレ方は全くなくなった=今のトーレスがかつてのQLのような感じ)ステップオーバーでのコントロールはだんだん戻って来てるので要所要所で良い働きをしてくれそうな予感。

トーレスの2点目のお膳立てもQL絡んでましたし。

 

忘れてましたけど、バベルもまあまあ速いです。できればバベル&トーレスの2トップも見てみたいんですが。(先発で)

 

そして追加点は、筆者たちの目の前、15m位のところできっちりトーレスが決めてくれまして、Kopは祭り状態。

リバポの9番は本来こういうべきものだろうと。はい。

 

ちゃんとKopに向かって拍手してましたよ。

 

その後はポルトの集中力が切れちゃった感じですね。PKのハンドは誰が見ても一目瞭然で抗弁しようがないし。

 

↑だからどうみてもあれはPKだってば。

 

最後のクラウチーニョのヘッドはCKのクロスが凄いえげつない角度とスピードで飛んできましたから、こりゃ来るかなと思ったらドンピシャでクラウチ。

 

場内アナウンスでマルセイユが負けたそうで、これでポルト8点、リバポ7点、マルセイユ7点となりました。最後のマルセイユ戦で全てが決まると。幸いな事に一時期のどん底からは脱出してるので、なんとか頑張ってもらいたい。

 

試合前に取引先と「注:試合前はちゃんと打ち合わせしてましたよ、Kopの内側のベンチで(笑)キックオフの2時間も前から」

今日負けるとラファは首で、

(今オーナーと揉めてます。噂ではラファ解雇→イングランドの監督就任→玉突き的にモウがリバポの監督就任ってのもありましたが)

UEFAカップでマージーサイドダービーかなーとか言ってたんですが。

 

当日の昼間からラファ擁護組は、市内をラファのチャントを歌いながら練り歩いてたようです。スタジアム行く途中もやけにラファラファ歌ってんなー今日はと思ったらこんな伏線だったようで。 

 

おまけ 

 

おまけ2

アンフィールドから駐車場に戻る時に、強盗に遭遇しました。皆さんも治安の悪い地域にサッカー観戦に行く時は気をつけましょう。強盗つっても若い白人のガキがおっさんを襲った?か何かしたか後でまとめて逃げてる途中だったようですが。

貧しい白人のガキンチょ共は将来がないような環境でドンドン刹那的になるんでしょうか。アンフィールドにも15−6歳の、ジャージ姿で絶対学校行ってないだろ、みたいなのが試合見に来てますが。 

広告

リバポ対なんじゃこりゃあ

11月 7, 2007

 今は亡き、松田優作風に言うとこんな感じ。出張から戻った翌日に時差ぼけのままCL見るために往復400kmも走りましたよ。帰宅途中に日本から仕事で携帯なるし。疲れてヘトヘトです。運転中の携帯電話使用は、ヘッドセットの使用が義務づけられております。車の運転中に、詳細な成分分析書の提出/打ち合わせは物理的に不可能だと思うのです>お客様。直後に会社に電話されても夜中の0:30頃では誰も居ないと思われます。>お客様・・・勝っても負けても疲れるってことか>ヲイ  で、松田優作ですが。ではなくて、試合なんですが。なんじゃこりゃあ!!!最近話題の亀田(バ○親父)風に言うとなんやこらあ!!やくみつるが怒るぞ。8-0.jpg ラグビーの試合をした人たち。↓lfc-vs-beskitas1.jpg   言いたいことは色々あるのですが、疲れたので取り急ぎ。今日は最前列だったので、選手が寄ってくるくる。ジョン(リセ)の叫ぶ「ふぁっく」、を2m位のところで聞いてましたよ。  長い記事書いたのにエラーで飛びました。凹んでやる気が出ないので画像だけ、今日は。  imgp3606.jpgimgp3622_2.jpg imgp3636.jpg   さて、続き。録画を54分過ぎまで見ました。以下詳細な感想。「組織」結局、やる気が問題なのかもしれないけど、90分間あんなに速いペースでずっとボール追いかけ回すのは不可能。今回は相手との彼我の差があって出来た事。通常、2点も取るとスローダウンして時間使い切るようにしますって。でも今回は今までの鬱憤を晴らす、というか晴らしたいというのもあって後先考えず攻めてったような感じですね。ファンも選手も取れるだけ取りやがれって感じになってました。