Archive for the ‘その他’ category

iphone3Gをイギリスで買ってみた

7月 12, 2008

この記事も iphoneで書いてます。日本語をうてるのですが、
日本語を打ってる時に英語で スペースを入れずに iphoneと打つとサファリが
落ちます。

試合中に記事書けるかもね。
日本語の変換が、かなりタコですが。

広告

いすらえる対いんぐらんど

3月 24, 2007

本当はヴィラブログで書かないといけないんですが。楽天サーバーメンテだそうなのでこっちで。

ねずみ2号先発だそーです。RBで。キャラガーLB。あれ?イングランドには左利きが居ない少ないって誰か言ってませんでしたっけ?

おっけー、オッケー、かもんイスラエル。(バリーが出るまで)

クラブチームだと

クラブ>>>>(永遠に超えられない壁)>>>>>選手

なのに、イングランド見てると

選手>>>>>>>>>>>イングランド(自分の国じゃないし)

な関係。

じゃあバリーが敵属性なチームに移籍したら?多分イングランドはニュートラル+多少義理で応援する、かな。結局0-0で退屈な試合になる予感。その前のU21は面白かったですよ。

いずれにしてもマクラーレンは正念場だ。

うひょ、ジェラードからランパーへのスルーパス(結構いい感じ)が出ました。んで直後にはランパーからジェラへの長いパス。でも長すぎでGKキャッチ。言いたくないけど、キャラLBでライン上げないんで、ランパーが相当下がり気味になって前線に玉フィードしてます。言いたくないけど、バリーLBならもっとランパーを有効に使えると思う。

おお、イスラエル。ナイスヘッド。イングランドは左サイド破られてますが、それよりもCB2枚は何やってんだよ(笑)

でも、こないだのスペイン戦よりは遥かに機能してます。レノンが左サイド駆け上がってクロス、こぼれたのをジェラがハーフボレー気味のロングショットとか。イスラエルはもう少しガリガリ来るかと思ったけど、レノンを体で止めに行きませんね。

珍しくキャラが上がってきた(笑)いい突込みだ。コーナー獲得して、ランパーから・・またキャラヘッド。でもGK真正面。今の展開だとイングランドが点を取るのはそう難しくない感じ。「る」、よりもジョンソンの方が匂うぜ点。

しかしレノン良いねぇ。コマネズミみたいに速くて攻守に貢献。イスラエルは本気で何とかしないとレノン止められないぞ。

前半終了。0-0

一番良かったプレーはBoxでポストで玉裁いたジョンソン⇒ジェラ⇒ジェラからランパーへのスルーパスだったかな。GKと1対1だったけどGKが良く(ランパーとの)距離を殺してた。

後半開始。

「る」が主審に文句言ってます、相変わらず。今のところ、イングランドの組織はスムーズに回ってるのですが、イスラエルが中盤5枚にしたのにも関わらず、ラインを引き気味でガリガリ来ない&カウンター狙いっぽい感じなので、中盤の底では玉が良く回ってます・・・ってバルセロナみたいじゃねーか。(笑)キャラクターが違うよ。

を、「る」がまたイスラエルの3番ともめてます。でイエローカード。(爆) 学習しねーなー全く。その前の複線は、ジェラードが右サイドからクロス⇒ランパのボレーシュート、こぼれたボールをGKと「る」とイスラエルの選手がもつれ合う、と。挑発してきたのはイスラエル側のようだが、「る」を挑発するってのは対戦相手にとってはお約束なので、記憶のメモリ容量増やした方が良いよ、君は。

しかしクロスがボンボン入ってくるので電柱を1本立てておくと、イングランドはもうちょっと面白い展開になると思うのだが、電柱は鼻怪我したし(笑)。ここはいっそのこと、へスキー復帰という事で。

キャラガーのぼいーんとしてヘッドはバーの上。試合自体は前半と変わらずアップテンポです。イスラエルは体ガリガリ当ててこないと書きましたが、その代わり、要所要所でオブストラクションは仕掛けてきます。これだと1発退場になるような事はなさそう。レノンもジョンソンもこれでチャンス潰されました。

・・・・ほほう、ねずみ2号交代でリチャーズInか。最初からキャラガーRB,バリーLBで行っとけば良いのによぉ、ええ○○マクラーレン。

で、その○○マクラーレンですが、82分にレノンに代えてダウニングだそーです。○○○老

で0-0でした。オレの予想通り。

ただし、試合は何だかもう練習試合って感じで。イスラエルは勝つ気なさそうだし、ホームで引きこもるのは計画通りか。イングランドの組織が機能していた、と書いたけど、確かにボールが動いて、放り込みあり、スルーパスあり、惜しいチャンスあり、だけどなんつーか泥臭さは全く感じられなかった。何だか淡々とやってる感じで。これが練習試合と書いた所以かもしれない。

引きこもる強豪(イタリア)とかガリガリ前に出てくる強敵だと、やっぱりチームとしてはどっちつかずになる予感。守備が大きく崩壊するという意味ではなく、イマジネーションとクリエィティビリティの点なんだけど、これらが今のイングランドから大きく欠落しているのは否めないだろうな。「る」は今回メンバーに居たぜ。さあて、BBCの連中は何て言うかな?(笑)今回の放映はSkyだったけど。

・・・・で、ジェイミー(れどなっぷ)は「マイコー」が居ればなぁって。(笑)まいこーがぴゅって感じで点取ってくれるのにーって、おい結局まいこー頼みか?

マクラーレン、インタビューでdisappointed, frustrated and we dominated the game bra bra braっなんて言ってるけど、Midlandsの人たちは、君がそのjobポジションに居ることが一番disappointed & frustratedなんですが、何か?

コパデルレイの様子

2月 28, 2007

あーあー、やっちゃったよ。

ベティス対セビージャ。スタンドのファンからミサイル(ロケット花火ね)が飛んできて、ラモスのおっさん=監督、気絶して救急車が来て病院送りになってしまいました。

試合は53分に中止になったのですが、カヌがゴールを決めていて0-1でセビージャ勝ち抜けのようです。

Skyのレポートでは「瓶=ボトル」ってあるのですが、いま筆者が見てるSky401のザラゴザ対FCB戦のアナウンサーはロケットと言ってます。

バルセロナは前半にチャビ、イニエスタのゴールで0-2Up。後半、メッシへの頭突きで10人になったザラゴザですが1点取り返しました。2-2となったのですが、AwayGoal差でFCBが勝ち抜け。

チャビをアンカーに置いたFCBは前半すんごい勢いでアタックして復活か?と思わせたものの、後半になってやはり尻すぼみちょっとの隙(セットプレー)で失点したりして相変わらず不安定。

 ・・・・で、試合終了後、ザラゴザとFCBの選手同士がもめました。ホルケラが巻き込まれた(中心?)ようで、バルデスがホルケラのプロテクションにピッチに入って来たりと、両軍総勢入り乱れての祭り。最後は祭りかよ。今日のコパデルレイは後味悪いっす。

ちょっと奥さんみました今日の試合?

2月 7, 2007

多分みのもんた風に言うとこんな感じか。

↓でエントリした通り、ねずみ2号と、うっどげーと先発だった故、前半は別のチャンネルみてました。EuroSportsが放映してた新日本プロレスのヨーロッパ放送(笑)。画面の裏で日本語の黄色い声援とか飛んでんのに、アナウンサーが英語でナカニシーとかテンザンーとか言ってます。

プロレスってあんまり詳しくないですが、吉江って人は無駄に太いですね。160kgだってさ。

で、吉江160kgがトップロープから飛んでナカニシーから3カウントを奪ったところでBBC1にチャンネルを変えると(嫁さんがイギリスに居るのに新日本の放映なんざ見たくないとBooBoo言ってましたが)、

なんと12番がピッチに居るじゃないですか。アレ?12番だよな?ってことはねずみ2号Off??居るじゃんと思ったら、ジェラードOffでバリーINか。ってことはジェラードまた左サイドで起用?

あーあー。なんでピー(不適切な表現があるため割愛)ジェラードがいつもこういう扱いかね?

でもバリーが入ったので真面目に見ましたよ、後半から。

ねずみ2号、ランパード、キャリック、てんでダメじゃん。クラウチもな・・と。ダウニングもな。なんだあのへっぽこクロスは?

Skyのレーティングなんかひどいことになってるし。

なんと言うか、BBCの解説陣(今日はイアンライト、ハンセン、ニュカッソーの御大+リネカー)に、

「いやーイングランドの創造性のなさは絶望的ですね。」とか言われてましたが、本当に想像力の「そ」の字もない。

ルーニーとマイコーが居ればなぁ、ウンタラカンタラと言われてましたね。

しかし個人的にはこの後キャラガーが入ったので希望通りの面子がイングランドシャツを着るという恐ろしい展開になりましてですね、

この5年間でベスト3に入る勢いでちゃんとイングランドの応援をした。(すまん。>イニエスタ&チャビ)

しかし内容はエントリのタイトル通りです。 

負けてピッチを後にする時にマクラーレンにすんごい勢いでスタンド最前列からBooとヤジが飛んでました。生放送なんでね。(笑)

しかしイニエスタのゴールは見事でした。

筆者がちゃんとイングランドの応援をする事は滅多にないんだけど、こういう時にホームで負けるのがイングランドたる所以か。リネカーは

「ウェンブリーになったら心配するな」とか言ってたけど(笑)。そういう問題じゃないぞ、と。

脱線:誰ですか、後半オールド・トラフォードでPoor Scouser Tommyを歌ってた人達は。(爆)

ちょいと聞いておくれよ

2月 7, 2007

昨日はイングランドU-21対スペインU-21の試合を見たりしたんですが、すこっと・かーそん君の素敵なキック&ディフェンス&失点に眩暈がしたり、あれあれ、君はリバポから出戻ったあんとにお・ばらがん君じゃないかい、そんなに小僧イングランド代表の右サイドをグリグリ抉れるように成長してたのか?そんな君もセビージャの下部上がりだったんだよねぇ。

で、アグボナラホーが出ないので思いっきり興味↓してたんですが、ヤングも前半で交代⇒ウォルコットだったので、後半から風呂入りました。

前半0-2だったのが後半イングランドも2点取り返して結局2-2の引き分けだったようで。U-21は敵属性の選手にもあんまり色がついてないので、結構ニュートラルに見れますな、A代表と違って。

で、A代表(というか、セニアースクアッドとか言うのかFAは?)、今日の夜10時から対スペイン戦ですが。

見ません。ええ、見ませんとも。

だってUEFAカップの決勝でセビージャに負けた監督の先発リストが

CB:アレとウッドゲート

左SB:・・・・ねずみ2号

だってさ。はいはい。

スヴェンが死ぬほどアレだったのは今や誰でも知るとこだが、アシスタントだったお前も右に倣えだな。

なんでこんなヤツが代表の監督やってんでしょーかねーと、本日、ミッドランズ地方とマージーサイド方面の取引先の人々はお怒りのようで、

電話口で異口同音で、筆者にむかって

「今日のフレンドリーなんざどうでも良いよ。(だってキャラガーCBでスタベンだし)」=マージーサイド方面からの怒り

「マクラーレンと代表なんざどうでも良いよ。(だってこのメンバーで先発左SBねずみ2号だし)」=ミッドランズ地方の怒り

特に後者の怒り甚大。

筆者も同じ理由で見る気なくなったので後半からチロチロっと見ようかな。

ジェラードとクラウチとプジョルとチャビとイニエスタは頑張れ。怪我するなよー君たちは。

セビーリャ対レアル・ベティス コパデルレイ観戦記

2月 1, 2007

別のブログでも書いたのですが、体調不良で春先までブログ冬眠中ですが、気が向いた時はエントリします。

・・・昨日のFCB対サラゴザ戦は途中で眠くなったので前半見てベットに入りましたが、起きたら負けてました。まーこんなもんだ。アホ。

今は体力回復のため、寝るのも仕事なので仕方ないですが、詰まらん試合だったのも事実です。自陣であぶねーバックパスが前半から炸裂してましたが、エジとウラゲは本当に大丈夫か?

 さて、本題。暫くぶりのネタがアンダルシアダービーなんですが。(笑)昨夏アンダルシアに行ったので、結構気になるんですよね。基本的にダービーは何見ても面白いと感じますしね。

そして、コパデルレイで、またやってきましたアンダルシア・ダービー。今日Skyはちゃんと放映やってくれますから夕方から楽しみですがな。

セビーリャは今リーガでFCBと首位を争ってるのですが、チームとしてはかなり興味をもってます。良くあの財務状況でこれだけバランスの良いチームをつくったな、という感じがします。万が一FCBがタイトルを逃すとしてもセビーリャなら十分祝福できる予感。カヌーテ、点取りまくってますし。

とりあえず、リーガ(昨年9月)の時のレアルベティス戦の動画は以下に。

いつものアレ(笑)

その2 

この巨大なバナーは凄いよ。

ゴールのハイライトはこれ

ブラジル対アルゼンチン 現地観戦記(続き)

9月 8, 2006

1週間も経ってから続きとは何やってんだという感じです。すっかり過去の話になってしまった感ありますが。

現地観戦記の前半はこっちに書いてます。

今回はまとめて箇条書きで。

1:ハイブリーはエミレーツはデカイ、でか過ぎる。キャパ60,000人ですが、実質100,000人規模のサイズに思える。場内、天井というか雨よけのルーフがオーバーハングしててこれが本当凄い。よく作りました。オールドトラフォードは実際に行ってみると、本当にこれで76,000人も入るのか?と、結構小さく感じるんですが、エミレーツはでかかった。良く作ったよ、ロンドンのあの場所に。390mポンド(800億円オーバー)でしたっけか施工費。 往路はフィンズブリー駅からテケテケ行ったのですが、この駅の周りはそこはかとないヤバさを感じさせました。バス停でバス待ってる人の目が違う。マージーサイドとかミッドランズのヤバさとはまた違う雰囲気。(この辺に住んでる人、すいません。) 復路はハイブリー&イスリントン駅から帰りましたが、1駅で結構雰囲気が違う。両駅の間をテケテケ歩くと、(特にハイブリー側から行くと)突然、「ドーン」とエミレーツが出てきます。

サンシーロにも行ったし、ベルナベウにも行きました。ノウカンプには何度も行ったし、シドニーフットボールスタジアムにも行きました。どれも巨大なスタジアムですが、もしかするとエミレーツに一番衝撃を受けたかもしれません。リバポはやっと「すたんれーぱーく、同じく60,000人」のプロジェクトにGoが出たそうで999年(爆)のリースだそうです。999年後にリバポは存在しない、に1万円。「すたんれーぱーく」のヨタ話はまた別途。

2:テベス。しっかりガチでした。エラーノを突き飛ばして黄色紙もらってました。思わず笑った。

3:メッシ。既に代表のCKを蹴るのか。↓

テベスもメッシも自己中でチームにFitしてないという意見が散見されましたが、現場で見た限り、リケルメ大先生は怪我明けで半分消えてたので、メッシとテベスしか印象に残らなかったのも事実。メッシが右サイドから中央に切れ込むのは何時もの事ですが、これが中央大混雑の原因になったと叱責するのもどうなのか。もともと生粋のウイングじゃないし、第一FWでコンビ組んだのが両者ともちびっ子(テベス&アグエロ)。ハイボールのクロスを蹴りこんだところでどうにもなるまい。それよりも中盤との連携が雑なので、結局2人がパタパタと自己プレーせざるを得ないという印象。個人技はどちらもやはり上手い。現場で見ると改めてそう思う。2人のパス交換とかもっと見たかったですね。アグエロよりはテベス&メッシのが良い感じ。

4:アグエロ。

 あんまり見所なし。ほとんどボールに触れられなかったので、期待してただけに残念。1回だけBoxに切れ込んだのが唯一の山場。しかしサビオラ、メッシ、テベス、アグエロ、みんなちびっ子だよなぁ。

5:ブラジル。お前らW杯は三味線弾いてたのかこの○○○○○○(好きな言葉を入れてください)。組織と個人技が上手くリンクする時のブラジルは本当に素敵。この地上で一番楽しいサッカーやってると言っても許される・・かな。「楽しい」だから良いか。「強い」とか「上手い」とか書くと語弊を生じさせるかもしれないのが。若いやつらがキビキビと動いてそりゃまー素晴らしいフットボールでしたよ。本当に7月はアレとアレとアレとアレとパレイラのせいで自滅したチームだったんだなぁ、と。ドゥンガにお願い。実力絶対主義で行ってください。ロナウジーニョが居なくても組織が機能する時のブラジルは本当に素晴らしい。

6:ブラジルファン。会場の7割はブラジルファンでした。が、かなりのバルサファン、ガナーズファン、+若干のリバポファソを発見。みな一様に黄色のユニを着てるのはブラジルファンだけど、ユニもってないから黄色で行きますということか。バルサはブラウグラナ、ガナーズは赤白も居たけど、黄色に合わせた人がかなり多い。

7:ここはスペインか、南米か?ロンドンのど真ん中でやってたのに会場の大多数はアミーゴな方々で、スペインに試合を見に行くと良く聞くラテンな罵詈雑言の嵐。チャントの類は一切なしで、何時も見てるフットボールと違う、「自分がお客様」な状態。そして、ラテンのブラジルファンは会場で相手を挑発しますよ~&小ばかにもしますよ~。自分たちが世界で一番サッカーが上手いと思ってるから、まー大変。KameさんがW杯の日本対ブラジル戦を見に行き、日本を小ばかにするブラジルファソにぶち切れたようですが、気持ちは分かる。苦虫を噛み潰したようなアルヘンファンがそこかしこに。中立地で代表戦を見るとスタジアムに敵味方入り乱れるのでちょっと気を使う。あいつらは全く気を使わないが。(爆)ま、筆者はブラジルファンなんで実害はなかったのですが、アルヘンが嫌いというわけでもないこの微妙さ。

8:そして南米が絡むと、UKのスタジアムですら発生する席取り混乱。スチュワードが割って入って、席替えさせることしばしば。ちなみに、筆者はノウ・カンプにカタルーニャ代表対アルヘン戦を見に行った時、席は既に溢れるアルヘンファソで占拠されてました。地元ファソも怒ってましたし。全くラチがあかず、終いに、やつ等は通路まではみ出し&占拠する始末。それと、スペインのスタジアムでスチュワードの手配を期待しちゃいけません。南米絡みの試合は絶対にKOの1時間前までにスタンドに入るようにね。(笑)

9:ピッチに乱入するラテンな方々。KaKaなんざジャンプして抱きつかれてましたから。多分20人以上が乱入。エミレーツのスチュワード、管理体制甘すぎです。どういう指揮系統なんだ。 

「Kaka、後ろ~後ろ~」

10:Kakaのゴール。多分フレンドリーじゃなかったらユニ引っ張るか、引き倒そうとしたかもしれませんが、それでもKakaは速かった。アルヘン、カウンター対策は何やってんですかね?CKだったんだけど、なぜメッシがあの位置でボールをもらうのか、それがちょっと不思議でしたけど。

ゴール動画ね。

Kaka goalの現場での撮影。歓声が笑わします。

試合ハイライト