Archive for the ‘light box’ category

CL決勝観戦記

5月 23, 2007

ああ、すっげー悔しい。何が悔しいかって、タクティクスに失敗して、メンバー選定に失敗して、期待して出した選手が全部ダメだったってこと。

それとピッチの選手はスイッチ切るの早すぎ、何とトラップミスが多かったことか。ボールのコントロールが出来てないのは、集中力の欠如だよ。

言いたくはないけど、戦犯は中盤2人+ゼンデン+ラファだろうな。88分に1点取ったわけだから、1人で孤立してたインザーギに抜け出されたDFラインはもうちょっと考えようぜ。ジョンは終始ピリっとしてなかったし、最後にペナントからパスもらいにいかなかったフィナンに怒りをぶつけたら、フィナンは怪我みたいだし。キャラガーにもミスあったし。カカは殆ど最後まで押さえらたのに、この展開は凹む。

全て裏目だったな。終わったから仕方ないけど、

        クラウチ カイト

QL マスチェラーノ ジェラード ペナント

で行くのを見たかった。

65分経過。やばい早く追いつかないと負ける。 

前半の総括。

ゼンデンは怪我上がりでピリっとしない。

一番の懸念だったアロンゾとマスチェラーノのCMF2枚だけど、やっぱり上手く行ってない。アロンゾ個人の動きが悪いのにプラスして、マスチェラーノとのカバーリング(前後での)コミュニケーションが上手く行かないからDFライン4枚の前面で巨大なスペースを空けちゃう。

またはDFラインの前に2枚がくっついて、ジェラとの位置に巨大なスペースが出来る。

マスチェラーノ個人もカカ相手に幾つか良いタックル見せてたけど、全般的なポジショニングがすっきりいってない。途中までは結構消えてた。

中盤に人数を集めてもDFラインとの間の統制が上手く行かないのは、ラインとポジションのコントロールをする意志の欠如で、これは早急に要改善。2年前の決勝の前半も、世界クラブ選手権の決勝も全く似たような展開。

CKやロングボールに対してはドログバのような90分間常に体で 脅威を与えるような感じはないのでその分は助かるが。

ペナントは上出来。このまま行ってもらえれば言うことなし。

後半どうしようか。

4-4-2に戻して

カイト クラウチ

QL マスチェラーノ ジェラード ペナント

ジョン アッガー ジェラ フィナン

レイナ

かな。  対チェルシーの1stレグでアロンゾ+マスチェラーノで失敗してたな、そういや。

Rafa頼むよ、早く手打ってくれ。

アンディグレイもジェラはトップより、MF位置の下目からゴールにあがって来たほうが良いだろうと。

一つ惜しいシュートがあったけど、ジェラ狙い過ぎた。orz

広告

Awayで敵地に行くフットボールファンは気をつけないと、場所によってはこうなるという例。

11月 1, 2006

もちろん、サッカー絡みの暴力沙汰は全否定しますが、少なくともHome側に対して暴力の伏線を張るような行動は慎むべきであろうと思います。国と相手によっては洒落は通じません。

例えば、

 その1:またローマですが。オリンピアコスのファンが試合前に刺されたらしい。

その2:かつてリバポのファンがローマで刺された(5人)の記事を参考までに挙げておきます。

イングランドのチームがGr.Aを1位抜けすると、2位になる可能性が高いローマと決勝トーナメント1回戦で当たりそう。

今日みたいな事やってると、今から本気でAwayでローマに行く人々の心配をせずにいられない。